薬剤師の就職・転職が厳しいのは本当かその理由5選!これだけは絶対やってはいけない失敗事例と成功するための〇つの方法

近年の世界経済の変動やコロナ関連による日本の社会情勢は変化しつつあります。

当然その影響を受けて薬剤師の転職市場も大きく変化しつつあります。

ここではそんな薬剤師の転職について、転職が厳しいといわれる理由、転職の失敗事例、転職を成功させるための方法について取り上げてみたいと思います。

 

 

先に結論としてはよりよい転職を目指すためには、転職エージェントを活用した転職が最適であることが挙げられます。

今現在、薬剤師として転職を検討されている方はぜひこれらのエージェントの活用を検討してみてください。

 

\転職に差がつく/

 

薬剤師の就職・転職が厳しい理由5選

薬剤師の求人が減少していることにあります。

ではなぜ求人が減少してきているのか。

その理由は以下です。

 

これらについてわかりやすく説明していきます。

 

1 薬剤師免許の取得者数が増えた

 

まずはじめに薬剤師の転職が厳しいといわれる理由の1つに、薬剤師免許の取得者数が増加したことがあげられます。

つまり求人募集数よりも応募者数が大きく上回ることになり、転職が難しくなります。

そんな状況下においても採用を有利に進めるためには、資格の保有のみではなく現場での経験やスキルなどの実績をアピールできるように準備しておきましょう。

 

2 ドラッグストアと調剤薬局の併設化

 

2つ目の理由として、ドラッグストアに調剤薬局が併設される店舗が増加したことによる薬剤師需要の減少があげられます。

これは次のような理由です。

ドラッグストアの方が営業時間が長いことや、薬以外の日用品の購入ができることによる利便性の向上で、従来の調剤薬局単体店舗の需要が減少し、その流れでそのような単体店舗が閉店しつつあるのが原因の1つです。

 

3 コロナの影響による通院の減少

 

冒頭でもお伝えした通り、近年の新型コロナウイルス感染症拡大による影響で、薬剤師の転職市場は大きく変化しつつあります。

新型コロナウイルス感染拡大により医療機関への一般の診療患者の通院は減少し、処方箋の減少から調剤薬局への来店が大幅に減少したことが挙げられます。

処方箋受付の減少は調剤薬局の収益を低下させることになり、先ほどの理由にもあげた調剤薬局の閉店へとつながります。

 

4 薬価改定と診療報酬改定

 

少子高齢化が進む日本の社会では、高齢者の増加による医療費の財源確保が問題となっています。

そんな問題の解決策の一つとして、医療費を削減するために薬価改定や診療報酬の改定が進められています。

当然これらの策により、調剤薬局の収益減少から先に述べた閉店による店舗数の減少へと繋がることになります。

 

5 調剤薬局のIT化

 

2019年4月2日に厚生労働省から発出された「調剤業務のあり方について」といういわゆる「0402通知」により、薬剤師以外の非薬剤師によるピッキング業務を任せる調剤薬局が増えました。

また、業務効率改善のためのIT化などにより、今後、人件費の安い非薬剤師の雇用が増え、薬剤師の雇用が減少する可能性も考えられます。

 

これだけは絶対やってはダメ!薬剤師転職の失敗事例

 

薬剤師として転職するならば、「この職場に転職してよかった」と思えるようにしたいですよね。
せっかく転職したのに

 

・思っていた職場環境じゃなかった
・人間関係でうまくいかない
・残業がこんなにあるとは知らなかった

 

などと当初想像していた職場と違っていために、再度転職活動することになったりそもそもどのように転職活動を進めればいいかわからないまま退職してしまって時間だけが過ぎて転職先が見つからないといった失敗をされている方も少なくありません。

薬剤師としての転職を成功させるためにも、このような絶対に避けたい失敗事例を確認しておきましょう。

 

事例1.希望する条件の優先順位がつけられない

 

時給3.000円以上・残業なし・賞与ありなど、その他にも希望する条件が多くなり、それら条件に対するはっきりとした優先順位をつけていなかったので、好条件の理想ばかり高い転職先を探してしまった。

理想が高いせいかなかなか転職先が見つからず、無駄に時間ばかり費やしてしまうことになった。

焦って転職先を決めてしまった結果、新しい職場では自分が本当に必要としていた条件が揃っておらずに違和感を感じてしまうことになった。

 

希望する条件には優先順位をつけて、妥協できるポイントなども決めておきましょう。

 

まとめ

 

以上のように、薬剤師の転職が厳しい理由を解説してきましたが、これから中長期的には、薬剤師の供給が需要を上回るといった、買い手市場の状況が続くと予想されるのが現状です。

そのためにも、薬剤師専門の転職エージェントや転職サイトを利用して、情報を積極的に収集することは不可欠です。

薬剤師としての転職を有利に成功させるためにも、業界の動向変化に精通した転職エージェントや転職サイトを活用して自分の希望条件に合った好待遇の求人やより良い就職先を見つけましょう。

 

\転職に差がつく/

 

おすすめの記事