こんにちは、もちはだこです。

 

もちはだこ
美肌は私たち女性なら、みんなが憧れるお肌ですよね。

 

20代、30代、40代、50代。

 

どの年代の女性もみんながなりたいお肌です。

 

ではそんな美肌とはどんなお肌のことをいうのでしょう。

 

今日はそんな美肌の条件についてお話していこうと思います。

 

美肌の条件ってなに?

 

あなたは美肌の条件や定義って考えたことはありますか?

 

美肌とは一般的に『キメが整った透明感のある肌』だといわれています。

 

ではキメが整うとはどんな状態のことをいうのでしょう。

 

あなたのお肌を鏡でよぉ~く見てみてください。

 

どうですか?近づいてみると、細かい網目の模様になった溝が見えないですか?

 

この溝のことを「皮溝(ひこう)」といいます。

 

そして、この皮溝と皮溝のあいだの盛り上がった部分を「皮丘(ひきゅう)」といいます。

 

三角形や四角形の皮丘がたくさんありますよね。

 

細かく深い皮溝とぷっくり規則正しく並んだ皮丘、この状態のことをキメが整っているといいます。

 

キメが整っていると美肌にどんな効果があるのか

 

キメが整っているといいことがたくさんあるんですよ。

 

キメが整っていると光をよく反射してくれるので、透明感のある透きとおったお肌に見えます。

 

そして、デコボコや毛穴も目立たなくなるので、表面がつるんとしたむき卵のようなキレイなお肌になります。

 

化粧水もよく浸透しますし、ファンデーションののりだってすごくよくなります。

 

 

キメを整えるために注意すること

 

キメを整えるためには、お肌への摩擦と乾燥には気をつけたいです。

 

潤いが足りなくなってくると皮丘のハリもなくなってきて、お肌がカサカサになってきます。

 

そして光の反射も弱くなるので、くすんで見えるようになります。

 

クレンジングや洗顔のときにはあまり強い力でこすらないように注意してください。

 

タオルで拭くときもポンポンと軽く押さえて水分をとってくださいね。

 

スキンケアの基本でもあります。

 

どうでしたか?

 

美肌を手に入れるためには、お肌のキメを整えることが秘訣です。

 

キメを整えるためにも、日ごろからお肌への摩擦をできるだけ避けて、しっかりとした保湿対策を心がけてくださいね。

 

もちはだこでした。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事