こんにちは、もちはだこです。

 

スキンケアで大切なのは、その日1日のよごれをやさしくキレイに落とすこと。

 

いくつになってもキレイでいたい女性にとって、メイクはかかせないものですよね。

 

しかしそのキレイになるためのメイクに付着した1日の汗やホコリを長時間ほうっておいたり、クレンジングでちゃんときれいに汚れを落とせないでいると、肌トラブルにつながることになります。

 

そしてなにより、間違ったクレンジングのやり方が原因で、肌に余計に負担をかけてしまうことになるのです。

 

今日は、肌に負担をかけないための正しいクレンジングのやり方についてお話します。

 

おすすめの基本的なスキンケアですので、やり方をぜひおぼえてくださいね。

 

正しいクレンジングの選び方

クレンジングで大切なのは、メイクがしっかり落とせるかということですよね。

 

けどそれよりもっと大切なのが、どれだけ肌に負担をかけないでメイクを落とせるかなんです。

 

そもそもクレンジングは、肌に負担をかけやすいものです。

 

ほとんどのクレンジングは、基本的に界面活性剤油分とでできています。

 

そしてこの界面活性剤が、わずかながら肌に負担をかけてしまう原因となるのです。

 

クレンジングのしくみを知りましょう。

クレンジングの仕組み

  1. 油分でメイクの汚れを浮かせる
  2. 界面活性剤で乳化(粘りのあるものに変化)させる
  3. 汚れを水で洗い落とす

 

このような工程でメイク汚れを落とします。

 

メイクとクレンジングをなじませた後、簡単にさっと洗い流せるものほど界面活性剤が多く含まれています。

 

なので、毎日使うクレンジングは、適度な油分があり界面活性剤が少ないものをできるだけ選びたいですね。

 

かといったものの、忙しかったり時間がなかったりすると、どうしても簡単にすませようとして、クレンジングと洗顔がひとつになっているタイプを選びたくなります。

 

けど、そういったものほど、界面活性剤が多く含まれてるので、お肌への刺激が強めになります。

 

もちはだこ
お肌のためには時間を惜しまず、できるだけお肌への負担が少ないクレンジング選びをしましょう。

 

 

 シートタイプや拭き取りタイプは、お肌への摩擦がとても強くなります。
使い方には注意が必要ですね。

 

おすすめはやっぱり洗い流せるクリームタイプ。

 

摩擦でお肌を痛めないよう、適度な硬さがあり、指とお肌の間でクッションの役割をしてくれるものをできるだけ選びましょう。

 

メイクをしっかり落としたいからといって、指でゴシゴシ洗うのはNGですよ!

 

スキンケアの基本です。

 

おすすめのクレンジング方法

クレンジングのポイントは素早く丁寧に!

 

できれば1分以内にはすませるようにしましょう。

 

もちはだこ
クレンジング後に洗顔をおこなうことになるので、肌への負担を最小限に抑えるために、クレンジングは素早く丁寧に行うことがポイントです。

 

クレンジングの手順

  • 適度な量のクレンジングを手に取り、人肌にあたためる。
  • 皮膚が強い額から鼻にかけて、Tゾーンを指の腹で円を描くようになじませる。
  • あごからほほにかけて、下から斜め上に向かって細かく小さな円を描くようになじませる。
  • 最後は皮膚が薄くて弱い、目元、口元、小鼻の部分。
  • 全体になじんでいるか確認して、ぬるま湯で手早く洗い流す。

 

注意点

クレンジングは少なすぎても多すぎてもダメです。

 

少なすぎるとお肌への摩擦につながりますし、しっかり落としたいからと多すぎても逆に負担がかかります。

 

決められた量の適量を守りましょう。

 

決して指で皮膚を動かさないようになじませましょう。

 

冷水だと油分が落ちにくく、熱いと乾燥しやすいのでぬるま湯で洗い流しましょう。

 

洗い流すときもごしごしとお肌をこすらないで、パシャパシャを顔にぬるま湯をかけるようにしましょう。

 

以上です。

 

どうでしたか?

 

あなたは今までお肌への刺激などを意識してメイク落とししていましたか?

 

もしできていなければ、今日からでも遅くはないです。

 

綺麗な美肌になるために、意識してクレンジングをこころがけましょう。

 

もちはだこでした。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事