こんにちは、もちはだこです。

 

目立つ毛穴のトラブル。

 

毛穴トラブルをなくす何かいい対策はないの?

 

多くの女性がきっと同じように毛穴トラブルで悩んでいると思います。

 

けど毛穴は美肌にとってはなくてはならないもの。

 

毛穴は顔だけでも約20万個も存在し、お肌を保護するための皮脂膜を作るために、皮脂を分泌する大切な役割を果たしてくれています。

 

もちはだこ
美肌のためには、毛穴と上手に付き合っていかなければなりません

 

 

そこで今日は、毛穴トラブルのタイプ別に、スキンケアの基本的な対策などを紹介していきます。

 

あなたの毛穴トラブルのタイプにあったスキンケアをしていきましょう。

 

 

紫外線の強い季節にあらわれる「メラニン毛穴」

 

春先から夏にかけて、紫外線が強くなる時期にあらわれるメラニン毛穴

 

鼻の特に小鼻に現れるのが特徴です。

 

毛穴のまわりが黒くリングのようになっていたらそれはメラニン毛穴です。

 

ターンオーバーが乱れることで、毛穴のふちにメラニンが蓄積してしまいます。

 

そんなメラニン毛穴には、乱れたターンオーバーを整えることが重要です。

 

洗顔料によるダブル洗顔や、美白化粧品などでのスキンケアが効果的。

 

日焼け止めでしっかり紫外線対策も忘れないでくださいね。

 

お肌の乾燥からくる「乾燥毛穴」

 

空気が乾燥してくる秋から冬にかけて、主に頬にあらわれるのが特徴。

 

お肌が乾燥して、キメが乱れることで毛穴が目立つようになります。

 

そのまま放置していると、お肌の乾燥が進み、たるみ毛穴や帯状毛穴へと悪化することになりかねないので、早めの対策が必要。

 

スキンケアでは皮脂を落としすぎたり、高温での洗顔は乾燥を進めることになるので注意が必要ですよ。

 

保湿液や飲むセラミドなどで、しっかりと保湿ケアをしましょう。

 

 

黒いブツブツやポツポツと目立つ「黒ずみ毛穴」

 

夏場に小鼻の周りによくあらわれます。

 

メイク汚れや角栓が毛穴に詰まり、空気に触れる部分が黒く酸化して目立つことになります。

 

固くなって詰まった角栓には、酵素洗顔がおすすめです。

 

分解して溶かしてくれるので毛穴がきれいになります。

 

くれぐれもメイクを落とさずに寝るなんてことは厳禁ですよ。

 

皮脂や角質が原因の「詰まり毛穴」

 

季節に関係なく顔全体にあらわれるのが特徴。

 

メイク汚れや皮脂、角質が混ざって毛穴に詰まるのが原因。

 

放置すると角栓になり、大きくなってニキビなどの原因にもなるので早めの対策が必要です。

 

黒ずみ毛穴と同じく、酵素洗顔で分解するのが効果的ですよ。

 

Tゾーンに目立つ「開き毛穴」

 

春から夏にかけてTゾーンに目立つのが開き毛穴

 

過剰な皮脂の分泌が原因で炎症を起こしやすくなり、角質が厚く固くなります。

 

その結果、毛穴に詰まりがないのに毛穴が開いたままの状態になります。

 

こちらも酵素洗顔で角質を柔らかくして毛穴を閉じるスキンケアがおすすめです。

 

年齢とともにあらわれる「たるみ毛穴」

 

年齢とともにあらわれやすくなるたるみ毛穴は、特に冬場の頬によく見られます。

 

老化が進行から肌のハリや弾力が低下し、皮膚がたるんでくることが原因であらわれます。

 

皮膚が下に垂れ下がるので、毛穴も涙型になっているのが特徴です。

 

乾燥はお肌の老化をすすめるので、日頃からしっかりと紫外線対策とあわせて保湿ケアをしましょう。

 

ビタミンC誘導体レチノールを有効成分として配合された美容液をスキンケアに取り入れましょう。

 

たるみ毛穴が進むとあらわれる「帯状毛穴」

 

たるみ毛穴がさらに進むことにより、毛穴同士がくっついてしまったもの。

 

どんどんつながっていくと深い溝ができてしまいシワとなる。

 

基本的にはたるみ毛穴と同じスキンケアが必要ですが、それでも改善されない場合はクリニックでの受診もおすすめします。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

毛穴トラブルをタイプ別に、原因と対策について紹介してみました。

 

毛穴トラブルはたくさんの種類があるので、それぞれのタイプに適した対策が必要です。

 

美肌になるために、自分の毛穴トラブルのタイプに合った正しい対策の知識を身につけましょう。

 

ビューティースキンケアであなたも毛穴の目立たない美肌を手に入れましょう。

 

もちはだこでした。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事