化粧水の保湿効果

こんにちは、もちはだこです。

 

もちはだこ
乾燥肌に対して、あなたは化粧水だけに頼ったりしていないですか?

 

お肌が乾燥するたびに化粧水を重ね塗りするなんて話はよく聞きます。

 

保湿効果を期待してのことだと思いますが、実は化粧水は保湿を完璧にしてくれるものではないんです。

 

お肌の保湿ってなに?

 

実は、お肌の保湿とは、外からの水分を補給することではなく、身体の内側からわき上がる水分を蒸発させずに保つことなんです。

 

お肌自体の保湿する機能は、加齢不規則な生活習慣間違ったクレンジングなどにより、年々弱まっていきます。

 

その結果、乾燥肌へと進むことになります。

 

なので、この水分を蒸発させない成分や機能を高めることが保湿にとって重要となります。

 

保湿成分はどうやって補うの?

 

では、化粧水ではなくどのようにして保湿成分を補うのか。

 

それは、美容液乳液で補うことができます。

 

化粧水は重ね塗りの回数を増やしたとしても保湿効果を高めているのではなく、ただお肌の表面を湿らせているだけにすぎません。

 

化粧水はお肌にとってどんな働きをするの?

 

それなら、化粧水の本来の目的はなんなのか?

 

化粧水はお肌の表面を整えて、美容液の浸透をよくするためのアイテムなんです。

 

化粧水は、できれば洗顔後1分以内に手早くつけると効果的です。

 

お肌の乾燥が気になりだしたら、化粧水よりも美容液を重ね塗りするほうが保湿としては効果的ですよ。

 

そして、最後に乳液やクリームで膜を張って保湿効果を高めましょう。

 

もちはだこでした。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事