こんにちは、もちはだこです。

 

あなたは、日ごろのスキンケアで乳液クリームを使っていますか?

 

ベタついたりするのが苦手だからと結構使用していない人をよく見かけます。

 

いつも手入れが行き届いた美肌の持ち主の方は、この乳液やクリームをちゃんとスキンケアの基本として取り入れている方が多いです。

 

肌のハリやキメの荒さに悩んでいる方こそ、この乳液やクリームの使用をおすすめします。

 

もちはだこ
きっと肌質が変わることを実感できると思います。

 

今日はそんな乳液やクリームのお話です。

 

乳液とクリームの機能や役割

 

乳液とクリームは、どちらも基本的にはお肌にとって同じ働きをしてくれます。

 

この2つの主成分となる油分がとても重要な役割をしてくれます。

 

油分を補うことによって保湿効果を高め、乾燥などからお肌を守ってくれる役割があります。

 

また、化粧水や美容液を先に使ったお肌にフタをして、それらの効果をより高める役割もしてくれます。

 

 

けど、水分の多いやわらかいものから硬めのしっかりしたものまでいろんなタイプのものがありますよね。

 

そもそも、クリームと乳液の違いは何なのか。

 

どちらも油分をプラスするという点では違いはありません。

 

乳液の方が水分が多いので肌をふっくらとやわらかくしてくれる働きがあります。

 

一方、クリームは油分が多い分、水分を閉じ込めることによりしっかりと乾燥から守ってくれます。

 

なので、油分の多いクリームの方が手触りもしっかりしていますし、水分の多い乳液はさらっとした手触りになります。

 

もちはだこ
ひとりひとり肌質は違ってくると思いますので、自分の肌に合ったものを使用しましょう。

 

一般的には、20代から30代の女性は、皮脂が十分に分泌される年代でもあるので、乳液がおすすめです。

 

30代後半からは皮脂量も減少してくるので、油分を積極的に補うようクリームの使用をおすすめします。

 

極度の乾燥肌の人やエイジングケアがしたい人にとってはクリームが最適かもしれませんね。

 

また季節やその時のお肌のコンディションによっても使い分けをしてみるのも効果的です。

 

乳液やクリームの効果的なおすすめの使い方

 

使用する乳液やクリームのメーカーによって使い方は違ってくるので、それぞれの使用方法にしたがって使うことが基本となります。

 

いくつかの基本的なステップ
    • 洗顔 → 化粧水 → 美容液 → 乳液またはクリーム
    • 洗顔 → 化粧水 → 美容液 → 乳液クリーム
    • 洗顔 → 乳液 → 化粧水 → 美容液 → クリーム

 

顔の部分によって使い分けるのもOKですよ。

 

同じ皮膚でも皮脂の分泌量は違ってきますから。

 

分泌量の多いTゾーンには乳液、それ以外はクリーム、なんて使い分けもいいですね。

 

目元や口元は特に乾燥してカサカサが目立ったりします。

 

使用量によっても調節は可能ですよ。

 

冬など乾燥がひどい季節の就寝前は、乳液やクリームでしっかりと油分を補うようにしましょう。

 

そうすることで翌朝の肌質が違ってきますよ。

 

クリームや乳液をつける際は、くれぐれもお肌を強く擦ったりしないように気をつけましょうね。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

クリームや乳液は、ベタついたり重たくなるから嫌だなって思っていませんでしたか?

 

きっと自分の肌質にあったクリームや乳液があるはずです。

 

ワンランク上の美肌になるためにぜひ取り入れてみてはいかがですか?

 

美肌になる方法の一つでもあります。

 

スキンケアの基本を知り、あなたも綺麗な美肌になりましょう。

 

もちはだこでした。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事