美肌を維持するスキンケアの基本「ターンオーバー」

応援クリックをよろしくお願いします

 

こんにちは、もちはだこです。

 

美肌はお肌が生まれ変わることによって保たれます。

 

美肌になる方法の一つとして、お肌の新陳代謝、つまり「ターンオーバー」を正常に整えることが重要です。

 

お肌も私たちの身体と同じように新陳代謝を繰り返しています。

 

その新陳代謝が滞ると、肌トラブルの原因ともなります。

 

今日はスキンケアの基本でもあるターンオーバーとはどのようなものなのか、それを紹介していきたいと思います。

 

新しい細胞が生まれ変わるターンオーバー

 

ターンオーバーは、お肌の一番外側にあるわずか0.2mmの表皮で行われています。

 

その表皮の中の一番下にある基底層からターンオーバーは始まります。

 

基底層で生まれた角質細胞は、後からつくりだされる角質細胞に押されて、夕棘層→顆粒層→角層へと上がってきます。

 

そして、最後には垢となってはがれ落ちるのです。

 

ここまでの工程を、約28日かけて繰り返し行われています。

 

ターンオーバーの周期は、お肌のコンディションなどで個人差はあります。

 

また年齢とともに期間が延びていき、40代以降になると約55日まで周期が延びることになります。

 

ターンオーバーの周期が延びて遅くなると、角層が厚みを増して透明感がなくなり、くすみの原因となります。

 

逆に、周期が短くなりすぎてもいけません。

 

ターンオーバーが早くなると、角質細胞が未熟なまま各層の表面に現れることになります。

 

未熟な細胞のままでは、お肌の保護機能が弱く、乾燥肌や炎症などのさまざまな肌トラブルを引き起こすことになります。

 

周期が正常なターンオーバーのお肌

 

角質細胞が約28日かけて角層まで到達します。

 

成熟してきれいに並んでいるため、保護機能も高くキメが整っています。

 

紫外線によりメラノサイトで作られたメラニンを含む細胞も、沈着する前にはがれ落ちるのでシミになりにくいです。

 

周期が長くなったターンオーバーのお肌

 

運動不足や喫煙、ストレスなど、また加齢によりターンオーバーの周期が長くなります。

 

角質が厚くなるので、透明感がなくなりくすみの原因になります。

 

また、メラニンの色素沈着が進み、シミの原因にもなるので注意が必要です。

 

周期が短くなったターンオーバーのお肌

 

紫外線など外部からの刺激による影響や、刺激の強いクレンジングや洗顔料による洗いすぎが原因でターンオーバーの周期が短くなります。

 

お肌の保護機能が弱まるので、赤ら顔や乾燥肌の原因にもなります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

美肌の基本でもあるターンオーバー。

 

正常なターンオーバーを維持することが美肌になる方法でもあります。

 

ターンオーバーの周期が乱れさせないような生活習慣を心がけましょう。

 

もちはだこでした。

 

 

ブログランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると嬉しいです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事