こんにちは、もちはだこです。

 

美肌にとって、クレンジングと同じく大切なのが洗顔

 

洗顔は、皮膚の余分な皮脂や汚れなどをきれいに落とす作業。

 

皮脂をきれいに落とせないでいると、ニキビであったり、酸化してシミやシワの原因になったりします。

 

もちはだこ
皮脂は時間が経つほどお肌には良くありませんからね。

 

スキンケアの基本でもある洗顔のやり方について紹介します。

 

洗顔料の選び方

 

洗顔料を選ぶときも注意が必要です。

 

洗い上がりがしっとりする洗顔料や、毛穴が小さくなるや弱酸性など。

 

洗顔料にはさまざまな有効成分を含んだものがたくさん売られています。

 

すべてではありませんが、しっとりする効果の洗顔料の多くは、油分を多く含み、お肌に油膜を張るしくみになっています。

 

これがお肌をしっとりさせている正体なんです。

 

この油膜のせいで、洗顔後につける化粧水などの美容成分の浸透を妨げになっていることがあります。

 

ですから、洗顔料や化粧水などは、同じメーカーのものを使用することをおすすめします。

 

 

洗顔は汚れを落とす作業なので、さまざまな有効成分の配合を特徴とした洗顔料についても、基本的にすべて洗い流されることになるのであまり効果がないものも少なくありません。

 

ぬるま湯のみでの洗顔については以前の記事でもお話ししましたが、確かに皮脂が残るのでお肌が潤ってしっとりしているように感じます。

 

 

しかし、時間の経った皮脂は老化の原因の物質に変わります。

 

正常なターンオーバーの妨げとなり角質を厚くすことにもなります。

 

その結果、透明感のないお肌のくすみの原因ともなってきます。

 

油分の放置はお肌にとってよくありませんので、基本的にはやはり洗顔料を使用した洗顔が大切です。

 

では洗顔料はどんなものを選べばいいのか。

 

もちはだこ
基本的にはやっぱり皮脂をしっかり落としてくれるものを選びましょう。

 

洗顔料には油分が多く含まれているものがあったり、界面活性剤が多く含まれるものがあったり、刺激が強かったりそうでなかったりと選ぶのが難しいですよね。

 

いろんな成分があって洗顔に便利なものを基準に選ぶのではなく、基本的にはお肌の皮脂や汚れをしっかり落としてくれるものを選ぶようにすれば迷いません。

 

『おすすめの洗顔方法』泡でお肌に刺激を与えないのが鉄則

 

洗顔の際の注意点はやっぱりお肌に刺激を与えないこと。

 

たっぷりの泡でやさしく洗顔することです。

 

こすったりすると肌荒れの原因にもなります。

 

泡立て方

 

まず手をキレイに洗って濡らしましょう。

 

清潔な手で洗顔することが重要ですよ。

 

そして、手のひらに適量の洗顔料をとります。

 

少なすぎると泡立ちもよくなく手でこする可能性もあるので適量は守りましょう。

 

手にとった洗顔料を空気を含ませながら泡立てましょう。

 

力や時間をかけずに皮脂や汚れを吸着してくれる泡はとても重要です。

 

清潔な泡立てネットがあれば、それを使用してもOK。

 

十分泡立った泡を、両手に2つ分けてとります。

 

泡をクッションに、お肌と指が直接触れて摩擦しないよう、泡を転がすように洗顔するのがポイント。

 

まずは皮脂の多いTゾーンから

 

最初に皮脂の多いTゾーンから始めましょう。

 

額から鼻先、小鼻にかけて、くるくると円を描くように汚れをなじませましょう。

 

次はUゾーン

 

頬からあごにかけて、これも泡を転がすよう小さくくるくるとなじませましょう。

 

最後は皮膚が繊細な目元・口元

 

皮膚が繊細な目元や口元はさらにやさしくなじませるのが重要です。

 

擦りすぎは乾燥やシミ、黒ずみの原因にもなります。

 

ぬるま湯でパシャパシャと

 

すべて泡をなじませることができたら、人肌くらいのぬるま湯でパシャパシャと泡を洗い流しましょう。

 

その際、くれぐれもお肌を擦らないように気をつけてください。

 

仕上げは、やわらかくて清潔なタオルで軽く押さえるように水分を取り除きましょう。

 

これまでの作業は約1分が目安です。

 

時間をかけすぎないよう素早く行いましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

洗顔は美肌にとってはかかせない作業であり、美肌になる方法の一つです。

 

朝一番の洗顔で、キレイに皮脂や汚れを取り除けたら、メイクの透明感も上がりますもんね。

 

もちはだこでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事