こんにちは、もちはだこです。

 

乳液クリーム

 

どちらも油分を補って、お肌をふっくらとやわらかくしてくれるスキンケアです。

 

またお肌の水分を逃がさないようにフタをする役割もしてくれます。

 

ベタベタして油分が苦手だという人も多いようですが、基本的には乾燥しやすい部分だけでも使用することをおすすめします。

 

もちはだこ
特に目もとや口周りは乾燥しやすいですよね。

 

 

乳液とクリームの違いとは?

 

最初に紹介したように、基本的には乳液とクリームの役割は同じです。

 

では両者の違いはなにか。

 

大きな違いは、成分である油分と水分の割合です。

 

サラッとした付け心地の乳液は、油分の割合が約20%前後です。

 

それに比べて、こっくりした付け心地の固めのテクスチャーが特徴のクリームは、油分の割合が25%~50%くらいのものが主流です。

 

年代で用途を分けるとすれば、20代から30代までの女性は、皮脂が十分に分泌されている年代でもあるので、乳液がおすすめです。

 

30代後半からは皮脂量も減少してくるので、積極的に油分を補うようクリームの使用をおすすめします。

 

朝と夜とでの使い分をするなら、朝はメイクの下地やUVカットの効果がある乳液を使用し、夜は寝ている間の保湿がしっかりできるクリームの使用するのも効果的です。

 

乳液とクリームの使い方や付け方の順番は?

 

一般的なスキンケアの使い方の順番として、

 

洗顔 ⇒ 化粧水 ⇒ 美容液 ⇒ 乳液 ⇒ クリーム

 

と使用することが多いので、美容液の後に乳液やクリームを付けることが多いです。

 

しかし、最初にもお話したように、乳液とクリームは基本的には同じ働きをします。

 

なので付け過ぎると油分を与え過ぎることになりますので、お肌本来の皮脂を分泌する機能の低下につながりかねません。

 

かえって乾燥肌の原因となることもありますので、乳液とクリームはどちらかひとつを選んで使用することをおすすめします。

 

または乾燥が気になる部分だけクリームを使用し、それ以外は乳液を使用するのもいいですね。

 

乳液やクリームの付け方として注意したいのは、マッサージしながら付けてしまうことです。

 

余計な摩擦はお肌の負担にもなりますので、擦ったりマッサージするのは控えましょう。

 

また、お肌は場所によって皮脂の分泌量が違ってきますので、量を調節して塗りわけしましょう。

 

Tゾーンは特に皮脂の分泌量が多いので少なめにしたり、乾燥が目立つ目もとや口周りは重ね塗りをしたりするのが効果的です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしたか。

 

乳液やクリームはスキンケアにおいて最後の仕上げになります。

 

あなたのお肌にあった使い分けすることをおすすめします。

 

ビューティースキンケアであなたも美肌を手に入れましょう。

 

もちはだこでした。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事